不眠症対策とは...不眠症対策の効果・効能についての情報!!

サプリメント 健康食品の効果・効能辞典Top >  不眠 >  不眠症対策

不眠症対策

【不眠症のメカニズム】
・不眠症対策には、まず不眠症のメカニズムをよく理解しなければなりません。交感神経は体が活動しているとき働き、副交感神経は睡眠に入ると働くのです。しかし、この交感神経と副交感神経がうまく支配の切り替えがいかないと、眠れないということになるのです。不眠を訴える人の6割が、眠れない、寝つきが悪いと思い込んでいるに過ぎず、心配のいらないケースなのです。「精神生理性不眠」と呼ばれるもので、性格が神経質な人に多いものです。
・眠れないと感じていても、強い疲労感がなければ問題ないが、眠れないことで疲労が蓄積したり、精神障害が疑われるようなケースは、検査や治療が必要になってきます。
・寝付きがよくないにしては朝早く目が覚め、食欲がない、気分が落ち込んでいる状態が続くケースは、うつ病不眠症でしょう。早朝や真夜中に目が覚め、その後眠れなくなる、眠れなくても平気で動き回れる状態だと躁病の疑いがあります。また、夜中に何度も目が覚めるとともに、めまいや頭痛、肩こり、動悸などが伴うケースは、神経症が疑われます。
・高齢者の中には、動脈硬化や高血圧症など、内科系疾患で眠れない人もいます。また、ひどいいびきをする人は、睡眠時無呼吸症候群に注意が必要でしょう。睡眠中、呼吸が断続的に止まってしまう病気で、何度も苦しくて目が覚めるケースは、専門医に相談する必要があります。

【不眠症対策のアドバイス】
・生理的不眠症の解消には、寝る直前に強い食事をしないことです。タバコやカフェインは摂らない、運動を適度に38℃程度の低温入浴で血液循環をよくして、興奮や緊張を鎮めるようにするといいでしょう。日中は体を動かし、朝起床すれば太陽の日を浴びて体内時計をリセットすることも不眠症改善方法として重要なことです。
・ストレスやイライラ解消法には、ビタミンB6、マグネシウムが神経を安定させることに有効です。また、ビタミンB12は睡眠・覚醒のリズムを整えます。不眠症ハーブでは、神経や精神を鎮め、眠りを助けるバレリアンが役に立ちます。
・脳の奥の松果体が分泌するメラトニンというホルモンは、眠りと目覚めをコントロールします。中年以降になるとメラトニン分泌が不十分になり、それにより不眠になるケースもあります。サプリメントで補給できるが、40歳以下で常用すると免疫系に悪影響が出ることがあるので5HTP(5ヒドロキシトリプトファン)を活用しましょう。

今、サプリメントってどこの会社が売れているの?
話題のビタミン・ミネラル類・健康・美容・ダイエットなど・・・
この時期に摂取しておきたい
【最新情報】サプリメントの人気ランキングはこちら





不眠に効くサプリメント・健康食品

不眠症対策関連サプリメント・健康食品エントリー

不眠症対策 バレリアン マグネシウム食品 メラトニンサプリメント テアニンサプリメント カミモール カミツレエキス