ルンブルクスルベルスとは...ルンブルクスルベルスの効果・効能についての情報!!

サプリメント 健康食品の効果・効能辞典Top >  高コレステロール >  ルンブルクスルベルス

ルンブルクスルベルス

【ルンブルクスルベルスとは】
・ルンブルクスルベルスは、北米産のミミズ「レッドワーム」の学術名で体長4~5cmであります。日本のミミズと異なり、特徴としては冬眠せずに活動することです。
・このルンブルクスルベルスの効果は、ルンブルクスルベルスの体液や腸からとれる酵素には、血栓つまり血管の詰まりを溶かす効果があるとして注目されています。
・ルンブルクスルベルスの有効成分である酵素は「ルンブルキナーゼ」と名付けられ、また国際血栓止血学会で発表され、世界の注目を集めました。韓国ではすでに医薬品としての認可を受け、実用化されています。

【ルンブルクスルベルスの効果・効能】
・血液は、心臓・腎臓・肝臓・膵臓などあらゆる臓器を循環しながら、栄養素や酸素を体内の細胞に運んだり、不純物を排出しています。血液は重要な役割を担うが、通り道である血管壁が破れてしまうこともあります。そうすると、タンパク質のフィブリンが集まって破れた箇所を覆い、、血小板によって止血が行なわれます。その後血管壁が修復されると、今度は酵素のプラスミンが働いてフィプリンを溶解し、血流が元に戻るという仕組みになっているのです。
・しかし老化などでプラスミンの働きが弱まってくると、血栓絵尾溶解することができず放置されてしまい血栓症になってしまうのです。さらに、偏った食事、高血圧、運動不足、ストレスが増加することも、血栓症の原因です。
・血栓症は、発生場所によって、脳梗塞、心筋梗塞など重篤な病気を引き起こしてしまいます。
・ミミズ抽出成分すなわちルンブルクスルベルスのルンブルキナーゼは、血管内の血栓を溶解する効果があることに加え、副作用がないという特徴もあるのです。注射薬のウロキナーぜという物質で血栓を溶解するために使用されていますが、投与量を間違えれば血栓だけでなく、血管も溶解して内出血を引き起こす副作用もありました。しかし、ルンブルキナーゼは、血栓のもととなるフィプリンだけに作用するため、血栓を安全に除去することができるのです。またルンブルクスルベルスは血栓以外にも高コレステロール、高血圧の改善にも効果があるといわれています。

【ルンブルクスルベルスの摂取のポイント】
・ルンブルクスルベルスは内臓の強い活性部分を乾燥粉末にしています。
・ルンブルクスルベルスの摂取量は1日20mg~200mgです。1日3回くらいに分けて摂取すればいいでしょう。

今、サプリメントってどこの会社が売れているの?
話題のビタミン・ミネラル類・健康・美容・ダイエットなど・・・
この時期に摂取しておきたい
【最新情報】サプリメントの人気ランキングはこちら





高コレステロールに効くサプリメント・健康食品

ルンブルクスルベルス関連サプリメント・健康食品エントリー

ルンブルクスルベルス 免疫ミルク 紅麹 スピルリナサプリメント キチン・キトサン食品