ルイボス茶とは...ルイボス茶の効果・効能についての情報!!

サプリメント 健康食品の効果・効能辞典Top >  糖尿病 >  ルイボス茶

ルイボス茶

【ルイボス茶とは】
・ルイボス茶は、針葉樹で南アフリカ共和国の一部の山岳地帯で栽培されます。アスパラサス・リネアリスという学名で、ルイボスは現地語で赤い潅木の意味を持ちます。
・そのルイボスの茶葉を発酵。乾燥させたものがルイボス茶で、カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、マグネシウムなどのミネラルを豊富に含有されています。
・特に、食品に含有されるリンとカルシウムは1:1が理想とされていますが、正にこのルイボス茶のケースが1:1なのです。細胞を活性化し、身体機能を正常に保持するミネラルバランスです。

【ルイボス茶の効果・効能】
・ルイボス茶の効能の1番に挙げられるのが強い抗酸化力です。緑黄色野菜の数倍~数十倍ともいわれ、この抗酸化力はルイボスの栽培される環境に大きく影響を受けるようです。昼夜の温度差が激しく、日中は強い紫外線に晒されるため、自衛のために抗酸化力が自然と備わったと見られています。
・ルイボス茶の抗酸化力は、SODという体内に備わっている抗酸化酵素を活発化させるとともに、活性酸素を除去・消去するスカベンジ作用もあります。従って活性酸素が原因となって発生する糖尿病、高コレステロール症、動脈硬化、白内障、高脂血症などを予防するルイボス茶の効能とともに、細胞の老化を遅らせるのでしわやシミといった肌のトラブル、ダイエットなどにもルイボス茶の効果があります。
・また最近では、ルイボスの抗アレルギー性にも注目されています。アトピー性皮膚炎やかゆみを伴う皮膚炎、ニキビなどいろんな皮膚疾患患者にルイボスのティーバッグを入れたお風呂で実験したところ、かなりの人の症状が改善されたという報告もあります。

【ルイボス茶の摂取のポイント】
・ルイボス茶の抗酸化力を効率よく出すためには、2.5g程度のティーバッグを1.5㍑程の水を入れて沸騰させ、10分以上煮出すことです。さらに冷めてからティーバッグを取り出すほうが、より抗酸化作用が強くなることもわかっています。
・1日あたり500mlが目安です。

今、サプリメントってどこの会社が売れているの?
話題のビタミン・ミネラル類・健康・美容・ダイエットなど・・・
この時期に摂取しておきたい
【最新情報】サプリメントの人気ランキングはこちら





糖尿病に効くサプリメント・健康食品

ルイボス茶関連サプリメント・健康食品エントリー

糖尿病食 ルイボス茶 バナバ茶 玄米ごはん(発芽玄米)・玄米胚芽油 桑葉エキス グァバ葉 ギムネマ・シルベスタ 菊イモ カイアポイモ クロム食品 バナジウム水ダイエット サラシア茶 キク芋 カイアポ芋 オリーブ葉エキス ヤーコン バナバ 黒糖オリゴ 黒糖健康食品 クロム ギムネマ茶 カフェイン アロエベラジュース α - リポ酸