免疫ミルクとは...免疫ミルクの効果・効能についての情報!!

サプリメント 健康食品の効果・効能辞典Top >  高コレステロール >  免疫ミルク

免疫ミルク

【免疫ミルクとは】
・免疫ミルクは、赤ちゃんは母乳を飲んで母親からの抗体をもらい、いろんな病原菌やウイルスの危険から守られており、この母子免疫の仕組みに着目した、アメリカのスターリ研究所が開発したものなのです。
・免疫ミルクは、26種類の人が感染しやすい悪玉細菌を無害化し、乳牛にワクチンとして繰り返し注射します。そこで牛の体内で抗原抗体反応が発生し、人に対して有効な抗体が生産され、その成分を含有する牛乳を搾取し、粉ミルクにしたものなのです。

【免疫ミルクの効果・効能】
・免疫ミルクには、カルシウム、タンパク質などのほかラクトフェリンやIgG抗体が含有されています。免疫ミルクの効果は、このラクトフェリンの持っている免疫機能を高めることで知られていますが、IgG抗体は細菌侵入を防止する力を持っているのです。
・身体が細菌から守られているのは、皮膚や粘膜、マクロファージやリンパ細胞などです。特に食物と一緒に入ってくる細菌が腸壁から侵入しないようにするため、腸壁免疫力を高めることが重要だといわれています。
・IgG抗体は、体内に侵入する悪玉細菌と結合し、体外に排出してくれる効果を持っています。腸内環境が改善され、便秘が解消されるといった効果も期待できます。
・最近、高齢者の生体防御機能を高め、慢性関節リウマチの症状改善に免疫ミルクの効果があるといわれています。さらにコレステロール値を下げたり、血圧上昇を抑制する免疫ミルク効能、鼻炎やアレルギー性喘息症状の緩和といった効果も報告されています。
・免疫ミルクに含有される抗体は26種類で、大腸菌や食中毒や敗血症を引き起こすブドウ球菌、サルモネラ菌などのほかに膀胱炎や肺炎、腎盂炎を起こす菌などが抗原として接種され、免疫ミルクのなかで抗体となって効果を発揮するのです。

【免疫ミルクの摂取のポイント】
・免疫ミルクは、粉ミルクのほか顆粒タイプ、錠剤タイプなどのサプリメントもあります。摂取し始めると下痢を起こすケースもあり最初は1日20g位から徐々に増加していったほうがいいでしょう。ただしミルクアレルギーの人は摂取を控えたほうがいいでしょう。

今、サプリメントってどこの会社が売れているの?
話題のビタミン・ミネラル類・健康・美容・ダイエットなど・・・
この時期に摂取しておきたい
【最新情報】サプリメントの人気ランキングはこちら





高コレステロールに効くサプリメント・健康食品

免疫ミルク関連サプリメント・健康食品エントリー

ルンブルクスルベルス 免疫ミルク 紅麹 スピルリナサプリメント キチン・キトサン食品