メリロートとは...メリロートの効果・効能についての情報!!

サプリメント 健康食品の効果・効能辞典Top >  冷え性 >  メリロート

メリロート

【メリロートとは】
・メリロートは、ハーブでヨーロッパからアジアに自生します。別名スイートクローバーともいわれ、古代から頭痛や消化不良などの薬として使用されてきました。
・メリロートに含有されるクマリンという成分は、静脈圧を下げ、血液循環を改善し、リンパ液が細胞外に進出するのを防止する作用があるので、特に足や腕のむくみに効果があるのです。

【メリロートの効果・効能】
・そもそも何故むくみは起こるのか、原因のひとつに静脈圧の低下が挙げられます。静脈の場合、心臓の押し出し力が強いので、血液は滞ることなく流れているし、圧力が高いため脚の先まで血液が送られます。しかし長時間立ったり座ったりの状態を続けると、静脈の血液を心臓に戻す力が弱くなり、静脈内で血液が滞留し、血液中の水分だけが浸み出してしまいます。これが脚、特に太もも部に滞留し、むくみを引き起こしてしまうのです。
・リンパ管でも同様のことが起こります。リンパ管は老廃物など細胞間に捨てられた不要物を体の外へ運搬する役割を担っていますが、同じ姿勢を続ける、脚を組むなどするとリンパ液が下半身に滞留してしまいます。結構悪化となり手足の冷えも併発し、さらに下半身の水分調節がうまくいかずという悪循環に陥ります。
・そうなると皮下組織にある脂肪細胞に老廃物が入り込みセルライトのもとになり、どんどん血管やリンパ管を圧迫し、血行悪化、セルライト肥大化となってしまうのです。一度セルライト化した脂肪は、運動やダイエットでは簡単には除去されません。
・メリロートの効果は静脈の血流を改善し、さらにリンパ管にも作用してリンパ液の流れを促進させるので、むくみ改善効能が期待できるのです。さらにメリロートの有効成分クマリンには、静脈瘤や血栓症の治療効果も期待できるため、さまざまな研究がされています。

【メリロートの摂取のポイント】
・メリロート300mg~3g程度が、むくみ改善には必要でしょう。
・メリロートの服用で肝機能障害の副作用が引き起こされるという報道もありますが、これはダイエットなどの要因が考えられます。1日の摂取量を遵守すれば問題はありません。

今、サプリメントってどこの会社が売れているの?
話題のビタミン・ミネラル類・健康・美容・ダイエットなど・・・
この時期に摂取しておきたい
【最新情報】サプリメントの人気ランキングはこちら





冷え性に効くサプリメント・健康食品

冷え性に効くサプリメントの紹介です。冷え性とは血行が悪くなり、手足や腰が冷える女性に多い症状ですが、最近では男性の冷え性も増えています。冷え性の症状改善には、規則正しい生活や適度な運動で自律神経の働きを正常化させ、血液循環を良くすることが大切です。以下に、冷え性対策のサプリメントをご紹介します。

メリロート関連サプリメント・健康食品エントリー

ヨモギ メリロート 核酸(DNA・RNA)