マリアアザミとは...マリアアザミの効果・効能についての情報!!

サプリメント 健康食品の効果・効能辞典Top >  肝臓 >  マリアアザミ

マリアアザミ

【マリアアザミとは】
・マリアアザミ別名オオアザミは、南ヨーロッパや北アメリカ、アジアに広く分布しているキク科の植物です。
・2000年以上も前からヨーロッパでは、肝臓や胆のうに効果があるとして、母乳不足を解消する生薬として親しまれているといいますが、日本ではなじみの薄いハーブであります。
・薬用としてはは主に種子と葉が使用され、ドイツでは種子から抽出したエキスを肝臓への解毒作用をもつ医薬品として認可しています。また、他のヨーロッパ各国、韓国、中国でも医薬品として認められています。
・マリアアザミ(オオアザミ)の種子抽出エキスで薬効のポイントとなる有効成分は、シリマリンというフラボノイド混合物です。最近ではシリマリンそのものの成分解析も進み、特に重要な作用を与える成分としてシリビン、シリクリスチン、シリジアニンが単離されています。

【マリアアザミの効果・効能】
・マリアアザミ(オオアザミ)の有効成分シリマリンの効能としては、肝炎や肝硬変、胆石、アルコール性肝障害などの肝機能の改善、強壮、利尿効果、抗酸化作用などがあります。またキノコ中毒の解毒作用などの効能も報告されています。
・マリアアザミ効能のメカニズムもわかってきており、シリマリンが細胞膜の過酸化脂質の発生を抑制することによって、肝臓機能を改善すると考えられています。さらにシリマリンは体内で合成される抗酸化物質グルタチオンの生成を促すことや、ガンや老化、動脈硬化、糖尿病、脳卒中、心筋梗塞などの原因になる活性酸素を抑制する効果など、新事実が明らかになってきました。欧米で最も高い人気のメディカル・ハーブとなっている理由もうなずけるものです。

【マリアアザミの摂取のポイント】
・シリマリン含有率70%~80%に規格化されたマリアアザミ(オオアザミ)エキスだけをドイツでは、毒性肝障害と慢性肝炎、肝硬変の治療薬として認めています。日本ではマリアアザミ(オオアザミ)エキスを製品化しているメーカーはまだ少ないが、酒量の多い人、飲酒の習慣のある人は是非注目していただきたいマリアアザミサプリメントです。
・摂取量はシリマリン換算で200~400mg程度です。1日に3回くらいに分けて摂取するとよいでしょう。

今、サプリメントってどこの会社が売れているの?
話題のビタミン・ミネラル類・健康・美容・ダイエットなど・・・
この時期に摂取しておきたい
【最新情報】サプリメントの人気ランキングはこちら





肝臓に効くサプリメント・健康食品

マリアアザミ関連サプリメント・健康食品エントリー

マリアアザミ スクワレン シジミ カキエキス 海藻フコイダン ロイシン マリアアザミエキス 春ウコン粒 ナガバギシギン 春ウコン茶 メチオニン ガジュツ紫ウコン ターメリック セイヨウタンポポ 深海鮫スクワレン サミー コリン コーヒー ウコンガジュツ オリーブ油 秋ウコン