マリアアザミとは...マリアアザミの効果・効能についての情報!!

サプリメント 健康食品の効果・効能辞典Top >  肝臓 >  マリアアザミ

マリアアザミ

【マリアアザミとは】
・マリアアザミ別名オオアザミは、南ヨーロッパや北アメリカ、アジアに広く分布しているキク科の植物です。
・2000年以上も前からヨーロッパでは、肝臓や胆のうに効果があるとして、母乳不足を解消する生薬として親しまれているといいますが、日本ではなじみの薄いハーブであります。
・薬用としてはは主に種子と葉が使用され、ドイツでは種子から抽出したエキスを肝臓への解毒作用をもつ医薬品として認可しています。また、他のヨーロッパ各国、韓国、中国でも医薬品として認められています。
・マリアアザミ(オオアザミ)の種子抽出エキスで薬効のポイントとなる有効成分は、シリマリンというフラボノイド混合物です。最近ではシリマリンそのものの成分解析も進み、特に重要な作用を与える成分としてシリビン、シリクリスチン、シリジアニンが単離されています。

【マリアアザミの効果・効能】
・マリアアザミ(オオアザミ)の有効成分シリマリンの効能としては、肝炎や肝硬変、胆石、アルコール性肝障害などの肝機能の改善、強壮、利尿効果、抗酸化作用などがあります。またキノコ中毒の解毒作用などの効能も報告されています。
・マリアアザミ効能のメカニズムもわかってきており、シリマリンが細胞膜の過酸化脂質の発生を抑制することによって、肝臓機能を改善すると考えられています。さらにシリマリンは体内で合成される抗酸化物質グルタチオンの生成を促すことや、ガンや老化、動脈硬化、糖尿病、脳卒中、心筋梗塞などの原因になる活性酸素を抑制する効果など、新事実が明らかになってきました。欧米で最も高い人気のメディカル・ハーブとなっている理由もうなずけるものです。

【マリアアザミの摂取のポイント】
・シリマリン含有率70%~80%に規格化されたマリアアザミ(オオアザミ)エキスだけをドイツでは、毒性肝障害と慢性肝炎、肝硬変の治療薬として認めています。日本ではマリアアザミ(オオアザミ)エキスを製品化しているメーカーはまだ少ないが、酒量の多い人、飲酒の習慣のある人は是非注目していただきたいマリアアザミサプリメントです。
・摂取量はシリマリン換算で200~400mg程度です。1日に3回くらいに分けて摂取するとよいでしょう。


今の時期は、どのサプリメントを摂取すればいいの?
話題のビタミン・ミネラル類・健康・美容・ダイエットなど・・・
この時期に摂取しておきたい
【最新】サプリメントの人気ランキングはこちら





肝臓に効くサプリメント・健康食品

マリアアザミ関連サプリメント・健康食品エントリー

マリアアザミ

【マリアアザミとは】マリアアザミ別名オオアザミは、南ヨーロッパや北アメリカ、アジアに広く分布しているキク科の植物です。2000年以上も前からヨーロッパでは、肝臓や胆のうに効果があるとして、母乳不足を解消する生薬として親しまれている...ハーブであります...


スクワレン

【スクワレンとは】スクワレンは日本で大正時代に深海鮫の体内より発見されたのです。
深海鮫スクワレンという物質は、深海鮫エキスの主成分で、主にアイザメの肝から採取した肝油に含有されているのです。スクワレンはアイザメの肝油中...


シジミ

肝臓:【シジミとは】シジミは、日本人にとって大変身近な民間療法として定着しています。江戸時代の文献や中国の古典にも「黄疸」の治療薬として使用されていたという記述が残されており、その効果・効能は歴史的に知られていました...シジミの効果...


カキエキス

肝臓:【カキエキスとは】・カキエキスは、良質のタンパク質、ミネラル、ビタミンなどをバランスよく含有しており、滋養強壮に効果があることから「海のミルク」と呼ばれてきたのである...


海藻フコイダン

肝臓:【フコイダンとは】・海藻フコイダンは、コンブ、ワカメなどの海藻類に含まれる食物繊維成分の一つ...ガゴメコンブから抽出したフコイダンは、肝細胞増殖因子(HGF)の分泌を高める効果を持っている...


ロイシン

肝臓:【ロイシンとは】・ロイシンは、筋肉でエネルギー源になる分岐鎖アミノ酸(BCAA)の一つ。ロイシンは、体内で合成できない必須アミノ酸で、成人男子の要求量は体重1kg当り1日14mg...


マリアアザミエキス

肝臓:【マリアアザミとは】マリアアザミの学名は、Silybum marianum。マリアアザミは、ヨーロッパに自生するキク科の二年草で、英名はミルクシスル...マリアアザミエキスとして薬用にして...


春ウコン粒

肝臓:【春ウコン粒とは】・ウコンの一種で、正式名はキョウオウで、粒状にしたものです。春ウコンは、現在はインドや中国南部、マレーシア、インドネシヤ、日本では沖縄・九州南部で栽培されています...


ナガバギシギン

肝臓:【ナガバギシギンとは】ナガバギシギンは、イエロードックの和名。学名Rumex crispus。ナガバギシギンは、タデ科の多年草でヨーロッパが原産だが、日本にも明治時代から広がり始め、帰化植物となっている。根の粉末を薬用に使う...


春ウコン茶

肝臓:【春ウコン茶とは】春ウコンの、正式名はキョウオウ。秋ウコンに比べると、色素成分のクルクミンの含有量は少ないが、秋ウコン同様、効用がある。春ウコンを原料にした春ウコン茶である...

...


メチオニン
【メチオニンとは】 体内で合成されない必須アミノ酸。 リン脂質の代謝で重要な役割...
ガジュツ紫ウコン

肝臓:【ガジュツ紫ウコンとは】ガジュツ紫ウコンは、ウコンの一種で、正式名はガジュツです。秋ウコンに多く含まれる色素成分のクルクミンはほとんど含まないが、シネオールやカンファーといった精油成分を含みます。ダイエットに効果あると有名な紫ウコン...


ターメリック

肝臓:【ターメリックとは】ターメリックは、学名Curcuma longa。ショウガ科の植物、ウコンのこと。切り口が鮮やかな黄色で、カレー粉の原料になる秋ウコンのほか、切り口が薄い黄色の春ウコン(正式名キョウオカ)、切り口が紫がかった白色の紫ウコン...


セイヨウタンポポ
【セイヨウタンポポとは】 ダンデライオンの和名。 キク科の多年草。 ハーブティや...
深海鮫スクワレン

【深海鮫スクワレンとは】スクアレンのこと。サメの肝油などに含まれる無色透明の油。体内ではコレステロール合成の中間体になる。琉球スクワレン、スクワレン沖縄、銚子スクワレンなどがある。スクワレンの効果・効用...



サミー
【サミーとは】 米国で人気のサプリメント成分の一つで、クレアチン、コリンなど、様...
コリン
【コリンとは】 細胞膜を作るリン脂質のレシチン(ホスファチジルコリン)や、神経伝...
コーヒー
【コーヒーとは】 学名Coffea arabica。 豆を焙煎してお湯で抽出した...
ウコンガジュツ

肝臓:【ウコンガジュツとは】ウコンガジュツは、紫ウコンの正式名。ウコンガジュツは、シネオールやカンファーといった精油成分を含む...ウコンガジュツの効果...


オリーブ油
【オリーブ油とは】 ・オリーブ油は、搾ったままの未精製油で、ポリフェノールなどの...
秋ウコン

肝臓:【秋ウコンとは】秋ウコン学名 Curcuma longa など。ショウガ科の植物で、英語名はターメリック。秋ウコンは、切り口が鮮やかな黄色のウコンで、ほかに薄い黄色の春ウコン、紫がかった白色の紫ウコンがある。秋ウコンを通称「ウコン」と呼ぶ場合もある...