低分子フコイダンとは...低分子フコイダンの効果・効能についての情報!!

サプリメント 健康食品の効果・効能辞典Top >  がん >  低分子フコイダン

低分子フコイダン

【低分子フコイダンとは】
・独特のヌルヌルした海藻の表面にある成分のひとつがフコイダンです。単糖類を主成分とするフコースという多糖類で食物繊維の一種ですが、海藻のなかでもワカメ、ひじき、もずくなど褐藻類と呼ばれる種類だけに含有されているのです。
・低分子フコイダンとは、まずフコイダンの構造は、多粘性の多糖類なので、分子の大きさはすごく大きく普通20万をこえる高分子フコイダンの状態です。人が食べ物を噛み砕いて、胃で溶解し、胃腸で吸収される分子は、通常3000~4000いわれています。その3000~4000の分子の大きさでさえ腸で吸収されるのは、全体の4~5%しかありません。残り95%は便となって排泄されるのです。つまり、もともと高分子で20万もあるフコイダンは身体に吸収されないのです。分子が20万もあるフコイダンを、特殊な技術をつかって、分子の大きさが500という非常に小さな低分子フコイダン、超低分子フコイダンに加工されているのです。

【低分子フコイダンの効果・効能】
・この低分子フコイダンの効果は、分子の大きさが500という非常に小さなものですから、驚くほどの人体吸収率を発揮します。人間が吸収する分子の大きさの6分の1だからなのです。ふつうにフコイダンとして販売されている分子が20万もある高分子のフコイダンとは、明らかに吸収力が違います。
・低分子フコイダンには、外敵から体を守る免疫システムを補助する効果もあります。また、低分子フコイダンは、細菌に感染した細胞を死滅させる効能を持つナチュラルキラー細胞の活性を高める作用も持っています。さらに血液中のコレステロールや中性脂肪を抑える効果もあります。
・フコイダンの持つ独特のヌルヌルは硫酸基の特徴ですが、このヌルヌルで胃粘膜を保護し、ピロリ菌などを吸着して体外に排出する効果もあります。
・低分子フコイダンには、細胞のアポトーシス誘発作用があるのではないかといわれています。アポトーシスとは、自滅のことで、実証はこれからですが、フコイダン効果としてがん細胞にアポトーシスを起こす実験結果もあります。

【フコイダンの摂取のポイント】
・フコイダンを沢山含有するのは、海藻のなかでも、もずくです。沖縄もずくはフコイダンの含有量が高く、高純度フコイダンを抽出しやすいという特徴があり、沖縄フコイダンとして有名です。
・フコイダン含有量はもずく酢1杯分、約40gで約680mgあります。1日の摂取量の目安は、約1000mgといわれているので、これだけで1日分が補える。ほかにもワカメの味噌汁で45mgのフコイダンが含有されています。コンブもダシをとるだけでなく、おでんなどに入れて丸ごと栄養素を摂取したほうが効果的でしょう。
・これらにはビタミンやミネラル、食物繊維も豊富に含有されているので、毎日できるだけ摂取するようにしたいものです。

今、サプリメントってどこの会社が売れているの?
話題のビタミン・ミネラル類・健康・美容・ダイエットなど・・・
この時期に摂取しておきたい
【最新情報】サプリメントの人気ランキングはこちら





がんに効くサプリメント・健康食品

低分子フコイダン関連サプリメント・健康食品エントリー

天然メシマコブ 低分子フコイダン ウイングAHCC・リンクス霊芝・ハナビラタケ カンゾウエキス カバノアナタケエキス アガリクス茸 ラクトフェリン免疫 ポリフェノール食品 植物ステロール セレン食品 葉酸サプリメント ブロッコリースーパースプラウト ヨーグルトケフィア トマトリコピン メシバコブ βグルカン ハナビラタケ セレン セレニウム食材 クリプトキサンチン