バレリアンとは...バレリアンの効果・効能についての情報!!

サプリメント 健康食品の効果・効能辞典Top >  不眠 >  バレリアン

バレリアン

【バレリアンとは】
・バレリアンは、オミナエシ科のハーブです。ヨーロッパ原産で、古代ギリシャ時代から神経の高ぶりを抑制し、眠りを深く導く植物として利用されてきました。日本には江戸時代に蘭方薬として入ってきて、「かのこ草」とも呼ばれています。
・バレリアンの根が薬用として使用され、乾燥させると強烈な臭いを出します。この臭いのもとが有効成分の吉草酸であります。

【バレリアンの効果・効能】
・バレリアンの有効成分は、安心さすガンマ・アミノ酪酸を大脳皮質からの放出を高め、働きを助長する事で睡眠を促進すると考えられています。
・バレリアンの効果は世界でも認められており、バレリアン抽出物400mgを就寝1時間前に摂ったところ、眠りに就くまでの時間や睡眠の質が改善されたという効能が報告されています。特に、何度も起きてしまう人や、不眠症で困っている人にはバレリアンの効果があるようです。
・さらにトリアゾラム(ハルシオン)などの鎮静薬に比較して、目覚めたとき不快感もバレリアンは副作用がないといったデータもあり、バレリアンを強力な鎮静薬・睡眠剤に代わるものとして承認している国もあるのです。

【バレリアンの摂取のポイント】
・サプリメントで摂取するのがバレリアンは一般的です。弱い不安やストレスで寝付けなくなったときなどに即効性を発揮します。摂取量は300~400mgを目安とし、服用は就寝1時間前にするとスムーズに眠りにつきやすくなります。バレリアンは鎮静効果のあるレモンバームなどのハーブ、ハーブティと併用すると相乗効果が期待できます。
・ただしバルビタール系薬剤、抗不安剤や抗うつ剤と同時に摂取すると効き目が強くなる惧れがあるので避けたほうがいいでしょう。
・日中のストレス緩和にも効果があるが、そのケースでは摂取量は150~200mgで十分でしょう。一般的にはバレリアンの副作用はほとんどありませんが、摂取過ぎは気分が落ち着かず頭痛、吐き気、翌朝フラフラするなどの症状が起きることもあるので、多量摂取には気をつけたいものです。


今の時期は、どのサプリメントを摂取すればいいの?
話題のビタミン・ミネラル類・健康・美容・ダイエットなど・・・
この時期に摂取しておきたい
【最新】サプリメントの人気ランキングはこちら





不眠に効くサプリメント・健康食品

バレリアン関連サプリメント・健康食品エントリー

不眠症対策

【不眠症のメカニズム】交感神経は体が活動しているとき働き、副交感神経は睡眠に入ると働くのです。しかし、この交感神経と副交感神経がうまく支配の切り替えがいかないと、眠れないということになるのです。不眠を訴える人の6割が、眠れない、寝つきが悪い...


バレリアン

【バレリアンとは】バレリアンは、オミナエシ科のハーブです。ヨーロッパ原産で、古代ギリシャ時代から神経の高ぶりを抑制し、眠りを深く導く植物として利用されてきました。日本には江戸時代に蘭方薬として入ってきて、「かのこ草」...バレリアンの効果・効能...


マグネシウム食品

不眠:【マグネシウムとは】・マグネシウムは体内には約25gあり、その約50~60%が歯や骨に、あとは軟組織に蓄積されている。1%しか血液中にはないが、欠乏すると骨に貯蔵され...


メラトニンサプリメント

不眠:【メラトニンサプリメントとは】・メラトニンは、脳の松果体が分泌するホルモンの一種で、睡眠サイクルをコントロールする働きがあります。・サプリメントでは、不眠や時差ぼけに使用しますが、ホルモンなので多用しないようにするのがいいです...


テアニンサプリメント

不眠:【テアニンサプリメントとは】緑茶のうまみ成分であるアミノ酸の一種...テアニンサプリメントの効果は、自律神経系のリラックスさせる働き、寝つきの改善、睡眠の質(中途覚醒や起床時の疲労感の有無)の改善...


カミモール

不眠:【カミモールとは】カミモールは、学名Matricaria recutita。医療用ハーブとして古くから利用されているヨーロッパ原産のキク科植物で、ドイツでは医薬品扱い。カミモールは、フランス語読み。オランダ語読みではカミツレ...


カミツレエキス

不眠:【カミツレエキスとは】カミツレは、学名Matricaria recutita。医療用ハーブとして古くから利用されているヨーロッパ原産のキク科植物で、ドイツでは医薬品扱い。カミツレは、オランダ語読み、フランス語読みではカミモール。カミツレは、エキスとか...