納豆菌とは...納豆菌の効果・効能についての情報!!

サプリメント 健康食品の効果・効能辞典Top >  脳梗塞 >  納豆菌

納豆菌

【納豆菌とは】
・納豆はその特有の匂いや食感のために好き嫌いが分かれ、日本人にとって最も日本的な食品の一つでしょう。蒸した大豆を藁苞で包んで納豆を造ります。これはわらに付着している納豆菌の作用です。
・近年、この納豆菌や納豆菌の造りだす酵素が高い効用のある健康食品であることが明らかになり、にわかに日本の納豆が世界の注目を集め始めています。

【納豆菌の効果・効能】
・原料の大豆自体が完璧な栄養食品の良質のタンパク質や大豆サポニン、ミネラル、ビタミンを含んでいることに加え、これが納豆になると、納豆菌が発酵するうちに増殖してビタミン類が合成されるといわれています。
・特に、ビタミンB群とりわけビタミンB12が多くなり、栄養分の消化・吸収率は、65%程度から90%を超える効率となります。
・納豆菌の効用としては第1に整腸剤の作用があることです。納豆菌は腸内の善玉菌を活発化させるのですが、それは胃酸に負けずに腸まで届くからなんです。発がん物質や有害物質を減少させたり、逆に悪玉菌の増殖を抑制したり、体外へ悪いものを排泄する働きがあるのです。納豆菌によって便秘が改善され、有害物質を分解する肝臓の負担を軽減して体の機能を健康に保持する役割を果たします。
・第2の効用は、腸の免疫力を強化することです。ウイルスや有害な最近を抑制して、病原菌から生体を守る働きがあるのです。また、がん細胞を攻撃する免疫細胞を活性化させるインターフェロンを誘発することから、がん抑制の効果があると考えられています。
・第3の納豆菌の効用は、ナットウキナーゼという納豆菌に含まれる酵素が効用を生んでいるのです。血栓を溶解する作用があることから、心筋梗塞や脳梗塞を防止する役割があります。ほかにも血圧の効果作用や活性酸素を排除する力もあるのです。

【納豆菌の摂取のポイント】
・納豆は、ビタミンKが豊富なため、血液凝固の促進つまり止血作用や抑制があり、血液凝固剤を服用しているケースでは、医師への相談が必要でしょう。
・利用方法には、納豆のほか、米ぬか発酵や小麦胚芽を納豆菌での培養エキスもあります。また、熱にナットウキナーゼは弱いので、高温での調理は納豆はしないほうがよいのです。

今、サプリメントってどこの会社が売れているの?
話題のビタミン・ミネラル類・健康・美容・ダイエットなど・・・
この時期に摂取しておきたい
【最新情報】サプリメントの人気ランキングはこちら





脳梗塞に効くサプリメント・健康食品

納豆菌関連サプリメント・健康食品エントリー

納豆菌 イチョウ葉エキス ミミズ