カテキン茶とは...カテキン茶の効果・効能についての情報!!

サプリメント 健康食品の効果・効能辞典Top >  動脈硬化 >  カテキン茶

カテキン茶

【カテキン茶とは】
・カテキンは緑茶や紅茶の渋みや苦味成分のことで、ポリフェノールカテキンの仲間である。カテキン茶の中でも、緑茶に最も多く含有されている。緑茶のカテキン成分にはエピガロカテキン、エピカテキン、エピガロカテキンガレート、エピカテキンガレートの4種類があるが、なかでもエピガロカテキンガレートが最も多く、全体の約半分を占めている。

・カテキンの作用には、まず消臭・抗菌など殺菌効果があり、O-157、ピロリ菌などによる虫歯や食中毒の予防などに作用する。この抗菌力はウイルスの働きを抑えるのにも効果的で、緑茶は風邪の予防にも役立つといわれている。

・また最も注目されるカテキン茶パワー効果が抗酸化作用である。活性酸素は、動脈硬化や高血圧、さらには細胞のガン化を引き起こすなど重大な弊害を生むのである。カテキン茶は、抗酸化力が強いビタミンEと比較して、約20倍の活性酸素除去力の効果があるといわれている。この抗酸化作用は、緑茶に含有されているカフェインやビタミンCによって更に作用が強まることがわかっている。

・さらにカテキン茶は血糖値を下げる効果があるので、糖尿病の予防にも効能があるとされるのだ。

【カテキン茶の摂取のポイント】
・10~15gの緑茶をぬるま湯で1分濾過したくらいのお茶に、カテキンが最も効率よく溶出している。熱湯で入れると、カフェインが溶出して苦味が増加する。

・また、カテキン茶は鉄分と一緒に飲むのは吸収されにくくなってしまうので、避けたほうがよい。またカテキン茶は、一番茶よりも二番茶に多く含有されている。

・カテキン茶の摂取量目安は、1日に約10杯としたい。


今の時期は、どのサプリメントを摂取すればいいの?
話題のビタミン・ミネラル類・健康・美容・ダイエットなど・・・
この時期に摂取しておきたい
【最新】サプリメントの人気ランキングはこちら





動脈硬化に効くサプリメント・健康食品

カテキン茶関連サプリメント・健康食品エントリー

卵黄油

【卵黄油とは】卵黄油は、長時間鶏卵の卵黄を弱火にかけ、混合し続けてできた油で、民間薬のひとつとして古くから利用されてきました。卵黄油の効能・効果...


フランス海岸松樹皮エキス

【フランス海岸松樹皮エキスとは】松樹皮エキスの原料としてよく知られているのがフランス海岸松樹皮エキス。フランス南西部の大西洋沿岸だけに生育する松です...強い紫外線に晒されるため、自身を守るために樹皮に沢山の抗酸化物質を持つようになった...


黒ゴマ

動脈硬化:【黒ゴマとは】・インド及びエジプトを原産地とするゴマ。その香りのよさと栄養価の高さから、日本の精進料理や中華料理に欠かせないものとして昔から受け継がれています...


青汁ケール

動脈硬化:【青汁ケールとは】・青汁ケールは、野菜不足による健康バランスを整えるために一躍ブームとなった健康法です。この青汁に含有される主要原料として、広く名前が知られるようになったのが青汁ケールであります...


クロレラ健康食品

動脈硬化:【クロレラ健康食品とは】・クロレラ健康食品は、あらゆる病気の治療や改善、諸症状緩和に効果が期待でき、医薬品添加物としても承認を受けているクロレラ健康食品です。クロレラは淡水に生息するプランクトンの一種で...


グレープシードエキス

動脈硬化:【グレープシードエキスとは】・グレープシードエキスは、ブドウ種子から抽出されますが、同様、赤ワインに含有される成分を研究した結果、ブドウの種子にプロアントシアニジンという有効成分があることが分かったのです...


カテキン茶

動脈硬化:【カテキン茶とは】・カテキンは緑茶や紅茶の渋みや苦味成分のことで、ポリフェノールの仲間である。お茶の中でも、緑茶に最も多く含有されている。緑茶のカテキンには...


大豆プロテイン

動脈硬化:【大豆プロテイン(乳清タンパク・大豆タンパク)とは】・プロテインとは、タンパク質のことである。アミノ酸が結合してできるもので、20種類以上のアミノ酸の結合によって性質の異なるタンパク質が無数に造られ...


EPA・DHA食品

動脈硬化:【EPA・DHA食品とは】・EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)食品はn-3系の多価不飽和脂肪酸で、サンマ、イワシ、カツオ、マグロなど日本人にはお馴染みの魚食品に...


ビタミンB6食品

動脈硬化:【ビタミンB6とは】・ビタミンB6は、体を作る基本物質であるタンパク質の代謝に不可欠な存在である。そのほかにもビタミンB6は、大脳の刺激伝達物質の生成、神経の刺激伝達のアミノ酸の生成の為にも必要...ビタミンB6食品は、エネルギー...


ビタミンE食材

動脈硬化:【ビタミンE食材とは】・ビタミンE食材は各細胞に働きかけ、酸化を防止する効果があるのです。つまり、人体の中で最も酸化の危険にさらされているのが、生体膜や細胞の不飽和脂肪酸である...このような事態になる前にビタミンE食材で対策...


カロテノイド

【カロテノイドとは】・カロテノイドは、動植物に含まれる黄色や赤色の色素成分のうち、脂溶性であるβ-カロテンに似た構造を持つものをいう。カロテノイドは、600種類以上あるが、共通の特徴としては、抗酸化効果を持っている...


カカオマスポリフェノール

動脈硬化:【カカオマスポリフェノールとは】・カカオマスポリフェノールは、ココアやチョコレートの原料となるカカオ豆に含まれるポリフェノールの成分のことをいいます。カカオマスポリフェノールの効果・効能...


沖縄モズク

動脈硬化:【沖縄モズクとは】・沖縄モズクは、褐藻類に分類される海藻である。沖縄で養殖されている。沖縄モズクの表面を覆うヌルヌル成分は、フコイダンと呼ばれる硫酸化多糖類で、健康機能が高いことが知られている...


紅コウジ

動脈硬化:【紅コウジとは】紅コウジは、中華料理屋沖縄料理で用いられてきた紅色の麹(学名Monascus purpureus)...紅コウジの発酵液に、血中のコレステロール量を減少させ、高脂血症を改善する効果成分が...


トコトリエノール

動脈硬化:【トコトリエノールとは】トコトリエノールは、ビタミンEの成分の一つ。トコトリエノールは、強い抗酸化作用を持ち、油に溶けやすく、体内の油(細胞膜など)の中に溶け込んでその酸化を防ぐ効果...


ツルコケモモ

動脈硬化:【ツルコケモモとは】ツルコケモモは、クランベリーの和名。ツルコケモモは、ツツジ科ツルコケモモ属のクランベリーの果実は1cm程度の大きさで、深紅色をしている...


クランベリージュース

動脈硬化:【クランベリージュースとは】クランベリージュースは、学名Vaccinium macrocarpon。クランベリージュースは、ツツジ科ツルコケモモ属の果樹。果実は直径1cm程度の大きさで、深紅色をしており、それをクランベリージュース加工したものである...


キノア

動脈硬化:【キノアとは】キノアは、学名Chenopodium quinoa。南米のペルーやボリビアの高地に自生するアカザ科の一年草の種子。キヌアともいう。キノアの食物繊維は、玄米の約2倍、カルシウムは約3倍、マグネシウムは約1.5倍...


リノール酸

動脈硬化:【リノール酸とは】リノール酸は、大豆油、コーン油、ゴマ油などに多く含まれる必須脂肪酸の一つ。炭素数18、二重結合数2の多価不飽和脂肪酸。オメガ6系と呼ばれるグループを代表する脂肪酸...


ヨーグルトきのこ

動脈硬化:【ヨーグルトきのことは】ヨーグルトきのこは、ケフィアのこと。ケフィア粒(グレイン)と呼ばれる乳酸菌と酵母の特殊な発酵種を用いて作る発酵乳。ケフィールともいう。
ヨーグルトきのこは、長寿地域として知られるロシアのコーカサス地域で飲まれ...


飽和脂肪酸

動脈硬化:【飽和脂肪酸とは】・飽和脂肪酸は、脂肪を固まりにくくする特殊な結合(二重結合)を持たない脂肪酸。・食品に含まれる脂肪酸の多くは、脂肪酸の鎖が長い脂肪酸なので、二重結合を持たない脂肪酸を多く含む脂肪は常温で固体の物性...


βーカロチン

動脈硬化:【βーカロチンとは】βーカロチンは、ニンジンやブロッコリーなど緑黄色野菜に沢山含まれている色素...βーカロチンの効果は、体内でビタミンAに変化する...


不飽和脂肪酸
【不飽和脂肪酸とは】 脂肪を固まりにくくする特殊な結合(二重結合)を持った脂肪酸...
ビール酵母

動脈硬化:【ビール酵母とは】ビール酵母は、ビールの醸造に利用される酵母を乾燥させたもの。食物繊維を多く含む。ビール酵母は、ビタミンB1やナイアシンなど、ビタミンB群を広く含み、ミナラルもカリウムやカルシウムが多く...微量ミネラルも含む...


豆乳
【豆乳とは】 大豆を加熱し、すり潰してろ過した絞り汁。 女性ホルモンのような作用...
オレイン酸
【オレイン酸とは】 熱に強く酸化されにくい健康によい油の成分(脂肪酸)。 ヒトの...