アラキドン酸とは...アラキドン酸の効果・効能についての情報!!

サプリメント 健康食品の効果・効能辞典Top >  認知症 >  アラキドン酸

アラキドン酸

【アラキドン酸とは】
・アラキドン酸は、細胞膜を作っているリン脂質を構成する脂肪酸の一種である。DHA(ドコサヘキサエン酸)と同様に、皮膚・脳・血液など人の体内に存在するもの。

・特に、脳細胞を造ることはもちろん、記憶能力・学習能力、認知応答力を高める役割を果たすのである。母乳にも含まれ、乳児の発育に欠かせない。また、鶏卵や魚、肉(レバー)にも含まれている。

【アラキドン酸の効果・効能】
・アラキドン酸関係のシナプス間隙と呼ばれる隙間に限って神経伝達物質が放出され、刺激が伝達するが、このシナプス伝達が活発に行なわれるほど、記憶能力・学習能力も高い。ところが、加齢によるアラキドン酸やDHAの減少で、シナプス伝達力が弱まり、脳細胞そのものも老化するので、脳機能は低下していく。

・アラキドン酸を摂取することで、老齢ラットの記憶能力・学習能力の低下を改善する効果が出され、また人試験(脳の健康な60歳から70歳のグループ)でも、高年齢の認知応答力を改善する作用が出されている。

・アラキドン酸を摂取することで、落ち込みがちな気分の改善も期待できるのである。

【アラキドン酸の摂取のポイント】
・効果が確認できるアラキドン酸の摂取量は、1日240mg程度。鶏卵や肉といった一般の食品からも摂取できるが、その場合、コレステロールの摂取し過ぎには注意したいものである。

・アラキドン酸はサプリメントとして摂取するのが効果的だろう。アラキドン酸の摂取は乳児の精神面での発育や、記憶能力・学習能力の向上が期待できる。アメリカや日本では、アラキドン酸配合の粉ミルクが発売されている。

今、サプリメントってどこの会社が売れているの?
話題のビタミン・ミネラル類・健康・美容・ダイエットなど・・・
この時期に摂取しておきたい
【最新情報】サプリメントの人気ランキングはこちら





認知症に効くサプリメント・健康食品

アラキドン酸関連サプリメント・健康食品エントリー

アラキドン酸 イチョウ葉乾燥エキス粒