大豆プロテインとは...大豆プロテインの効果・効能についての情報!!

サプリメント 健康食品の効果・効能辞典Top >  動脈硬化 >  大豆プロテイン

大豆プロテイン

【大豆プロテインと乳清タンパクとは】
・プロテインとは、タンパク質のことである。アミノ酸が結合してできるもので、20種類以上のアミノ酸の結合によって性質の異なるタンパク質が無数に造られる。身体を構成する必要不可欠な栄養素として、欠乏すると体力やスタミナがなくなったり脳の働きも鈍ってくるし、貧血、成長障害などの症状がでてくる。

【大豆プロテインと乳清タンパクの効果・効能】
・プロテインの種類には動物性と植物性のものがある。

・動物性のプロテインを含むものには、肉類・卵・牛乳などが挙げられ、最近注目されている人気の乳清タンパクである。この乳清タンパクは牛乳からチーズを作り出すときにできるタンパク質である。

・乳清タンパクはラクトクロブリン、ラクトフェリン、ラクトアルブミンが主成分で、必須アミノ酸を全て含んでいる。低脂肪で吸収率も非常によい。
・乳清タンパクは免疫機能の強化に優れ、サルモネラ菌などからの感染に強い抵抗力を持つ効果がある。

・さらに乳清タンパクは、細胞に存在するグルタチオンという抗酸化物質を増加させる。さらに乳清タンパクに含まれるラクトフェリンが腸内の悪玉菌を減少させるので、大腸ガンを予防する効果も期待されている。

・大豆プロテインは、植物性のプロテインの代表的で、優秀なタンパク質である。免疫力の維持に効果を発揮するアルギニンを多く含むほか、血液中のコレステロールを下げて動脈硬化を防止する効果のあるレシチンという脂質も含んでいる。

【大豆プロテインと乳清タンパクの摂取のポイント】
・プロテインの1日摂取量目安は、体重1kgに対して1~1.2g。動物性プロテインと植物性プロテインを半々で摂取するのが理想的である。

・乳清タンパクは「ホエイ」という名称で、運動をする人の筋肉サプリメントとしても使われている。運動を併用してプロテインを摂取する場合は、運動の1~2時間前、、また運動後1時間くらいの摂取が効率的だといわれる。

・プロテインをサプリメントとして摂取する場合は過剰摂取に注意しよう。

今、サプリメントってどこの会社が売れているの?
話題のビタミン・ミネラル類・健康・美容・ダイエットなど・・・
この時期に摂取しておきたい
【最新情報】サプリメントの人気ランキングはこちら





動脈硬化に効くサプリメント・健康食品

大豆プロテイン関連サプリメント・健康食品エントリー

卵黄油 フランス海岸松樹皮エキス 黒ゴマ 青汁ケール クロレラ健康食品 グレープシードエキス カテキン茶 大豆プロテイン EPA・DHA食品 ビタミンB6食品 ビタミンE食材 カロテノイド カカオマスポリフェノール 沖縄モズク 紅コウジ トコトリエノール ツルコケモモ クランベリージュース キノア リノール酸 ヨーグルトきのこ 飽和脂肪酸 βーカロチン 不飽和脂肪酸 ビール酵母 豆乳 オレイン酸