食品カルシウムとは...食品カルシウムの効果・効能についての情報!!

サプリメント 健康食品の効果・効能辞典Top >  骨粗鬆症 >  食品カルシウム

食品カルシウム

【カルシウムとは】
・カルシウムは、体重の約2%を占めるミネラルである。そのうち99%が骨や歯に使われ、残りの1%が血液や筋肉などに存在し、血液にそのうちの1万分の1、細胞にはその1万分の1のさらに1万分の1が配分されているのである。極めて微量であるが、一定量ないと体の機能が崩れる重要な成分である。

【食品カルシウムの効果・効能】
・食品カルシウムが不足すると骨密度も低下する。そのメカニズムは生理機能に役立っている1%のカルシウムが不足すると、体は骨から取り出し、血液中のカルシウム量を一定に保持しようとする。このため、カルシウム不足の状態が長引くと、骨はスカスカになってしまう。

・またイライラを鎮めるなど神経を安定させる為には、マグネシウムとのバランスが大切である。マグネシウムは血液中のカルシウムの作用を効果的に助けるが、両者は、拮抗作用もある。マグネシウム1に対してカルシウム2~3が理想的なバランスといわれているのである。

【食品カルシウムの摂取のポイント】
・食品カルシウムからの1日のカルシウム摂取量は成人男子で700mg、女性で600mg、妊婦・授乳婦は900mg~1100mgである。日本人の約6割がカルシウム摂取不足といわれているので食品カルシウムの組合わせやカルシウムサプリメントで満たすように工夫したいものである。

・食品カルシウムには、牛乳・乳製品・小魚・干しエビ・海藻類・ゴマ・切り干し大根などがある。
・カルシウムの吸収率は、他の栄養素にも左右される。リンを過剰摂取すると、カルシウムの吸収を妨げてしまうのである。

・ビタミンDも影響する。カルシウムが腸内で吸収されたり、骨から溶け出すときには活性化ビタミンDが必要になるのである。

今、サプリメントってどこの会社が売れているの?
話題のビタミン・ミネラル類・健康・美容・ダイエットなど・・・
この時期に摂取しておきたい
【最新情報】サプリメントの人気ランキングはこちら





骨粗鬆症に効くサプリメント・健康食品

食品カルシウム関連サプリメント・健康食品エントリー

食品カルシウム ビタミンD食品 ホウ素 カルシウム