アトピービオチンとは...アトピービオチンの効果・効能についての情報!!

サプリメント 健康食品の効果・効能辞典Top >  アトピー性皮膚炎・アレルギー・喘息 >  アトピービオチン

アトピービオチン

【アトピービオチンとは】
・ビオチンは皮膚炎、アトピーを治す実験から発見されたビタミンである。ビタミンHともいわれる。食べ物に含まれるビオチンはタンパク質と結合しているためそのままでは吸収されないが、酵素によってタンパク質から分離されると吸収されることになる。また、腸内細菌によって合成、吸収されているビタミンでもある。

【アトピービオチンなどビオチンの効果・効能】
・最近はアトピー性皮膚炎に対する効果が注目されている。体内にアレルゲンが侵入すると、ヒスタミンなどの化合物質が放出され、このヒスタミンが皮膚の炎症を引き起こしてしまう。

・ビオチンはこのヒスタミンのもとになるヒスチジンを体外に排泄する効果作用があり、アトピー性皮膚炎の原因を減少させるといわれている。

・ビオチンは、細胞の成長やDNA合成を助け、血糖値の維持、毛髪・皮膚の健康維持、貧血予防にも効果がある。ビオチンが不足すると、疲労感や食欲不振、湿疹、髪が抜ける、白髪になるといった症状が現れるので、微量でも毎日ビオチンを摂取することが大切である。

【ビオチンの摂取のポイント】
・ビオチンを多く含むものは、レバーやいわし、大豆、トウモロコシ、タマネギなどがある。1日のビオチン摂取量の目安は30μgだが、ビオチンは多くの食品に含まれる上、腸内細菌によって合成されるビタミンなので、普段の食生活でビオチン不足というようなことはない。

・生の卵白に含まれるアビジンは、胃の中でビオチンと結合してしまい、ビオチンの吸収を阻害してしまう。ただし、卵焼き、目玉焼きなど加熱すると、卵白内のアビジンは破壊される。


今の時期は、どのサプリメントを摂取すればいいの?
話題のビタミン・ミネラル類・健康・美容・ダイエットなど・・・
この時期に摂取しておきたい
【最新】サプリメントの人気ランキングはこちら





アトピー性皮膚炎・アレルギー・喘息に効くサプリメント・健康食品

アトピービオチン関連サプリメント・健康食品エントリー

室戸海洋深層水

アトピー性皮膚炎・アレルギー・喘息:【室戸海洋深層水とは】・室戸海洋深層水とは、一般的に500~600mの海面下から汲み出される海水のことである。海洋深層水のルーツは大西洋グリーンランド沖...


アトピービオチン

【アトピービオチンとは】・ビオチンは皮膚炎、アトピーを治す実験から発見されたビタミンである。ビタミンHともいわれる。食べ物に含まれるビオチンはタンパク質と結合している...


青みかんサプリメント

アトピー性皮膚炎・アレルギー・喘息:【青みかんサプリメントとは】青みかんは、未熟な温州ミカンを指す。青くて未熟なミカンほど、ポリフェノールやヘスペリジンの含有量が多い。青みかんサプリメントとして、青みかんを丸ごと粉末にしたサプリメント...


ビオチン

アトピー性皮膚炎・アレルギー・喘息:【ビオチンとは】ビオチンは、炭水化物や脂肪、タンパク質の分解や合成に関わる成分で、ビタミンB群の一種です。以前はビタミンHと呼ばれたのです。ビオチンは、脂肪酸の合成、ブドウ糖のリサイクル、アミノ酸の代謝...


セラミドサプリメント

アトピー性皮膚炎・アレルギー・喘息:【セラミドサプリメントとは】セラミドは、細胞と細胞を接着させる働きをする細胞間脂質で、肌や髪の潤いに欠かせないものです。また、肌の上皮の角質層では細胞の細胞間脂質の約半分をセラミドが占め、加齢などで減少...


γ - リノレン酸

アトピー性皮膚炎・アレルギー・喘息:【γ - リノレン酸とは】γ - リノレン酸は、オメガ6系の多価不飽和脂肪酸。体内ではリノール酸から作られる。母乳の成分であるほか、月見草(メマツヨイグサ)など一部の植物種子に多く...γ - リノレン酸は、月見草など...


カキの葉エキス

アトピー性皮膚炎・アレルギー・喘息:【カキの葉エキスとは】カキの葉は、カキの葉のこと。カキの葉の生葉100g中には1gのビタミンCが含まれており、ビタミンCの補給源として、カキの葉エキスとか、カキの葉お茶に加工されている...

また、カキの葉エキスには、フラボノイドの一種「アストラガリン」を含んでいる。 


α - リノレン酸

アトピー性皮膚炎・アレルギー・喘息:【α - リノレン酸とは】α - リノレン酸は、オメガ3系と呼ばれ...α - リノレン酸の効果...α - リノレン酸の効果は、体内に入ると、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキドコサヘキサエン酸)に変化し、血液をサラサラ...