ビタミンD食品とは...ビタミンD食品の効果・効能についての情報!!

サプリメント 健康食品の効果・効能辞典Top >  骨粗鬆症 >  ビタミンD食品

ビタミンD食品

【ビタミンDとビタミンD食品とは】
・「日光のビタミン」あるいは「太陽のビタミン」と呼ばれるビタミンDは、太陽光線とビタミンD食品から得られる。太陽光線の紫外線が皮膚の脂肪に作用して、体内に吸収されるのだが、一方の、ビタミンD食品から摂取されるほうは、小腸壁から脂肪と一緒に吸収される。

【ビタミンD食品の効果・効能】
・ビタミンD不足の欠乏症が引き起こすものとしては、骨が弱くなり骨折しやすくなる、骨がスカスカになり骨粗鬆症になる、虫歯ができやすくなる、などが挙げられる。カルシウムやリンとともに骨の形成に欠くことのできなく、ビタミンD食品の存在は大きいのである。

・骨と同様、カルシウムが材料になっているのが、歯。子どもはもちろん、大人もビタミンD不足でエナメル質が弱くなり、虫歯ができやすくなるケースは多いのだ。骨と歯は特に子ども時代に完成されるので、幼児期に効果のある、十分なるビタミンD食品とカルシウムは摂取したいものである。

【ビタミンD食品の摂取のポイント】
・ビタミンD食品はカルシウムの吸収を促すので、過剰摂取すると腎臓にカルシウムが沈着し、腎臓病になる危険性もある。過剰症は特に乳幼児で危惧される。

・日光浴しただけでも十分に摂取できるビタミンD。しかし、太陽光線を浴びることのできない人は、ビタミンDサプリメント、ビタミンD食品による摂取量を多くしたい。ビタミンDの特性上、ビタミンA、ビタミンC、コリン、カルシウム、リンと同時にビタミンD食品により摂取すれば、相乗効果により、高い効果が期待できるだろう。

今、サプリメントってどこの会社が売れているの?
話題のビタミン・ミネラル類・健康・美容・ダイエットなど・・・
この時期に摂取しておきたい
【最新情報】サプリメントの人気ランキングはこちら





骨粗鬆症に効くサプリメント・健康食品

ビタミンD食品関連サプリメント・健康食品エントリー

食品カルシウム ビタミンD食品 ホウ素 カルシウム