セントジョーンズワートハーブとは...セントジョーンズワートハーブの効果・効能についての情報!!

サプリメント 健康食品の効果・効能辞典Top >  鬱(うつ) >  セントジョーンズワートハーブ

セントジョーンズワートハーブ

【セントジョーンズワートハーブとは】

・セントジョーンズワートは、オトギリ草科の多年草で、英名はセントジョーンズワート。和名はセイヨウオトギリソウである。

・セントジョーンズワートハーブは、有効成分と考えられているヒペルフォリンが、脳内のセロトニン濃度を高めてうつ状態を抑える効果があるとされる。

【セントジョーンズワートハーブの効果・効用】

・セントジョーンズワートハーブは、うつ状態の抑制に効果がある。

・米国ではストレスを退治するハッピーハーブとして人気が高い。ドイツでは医薬品扱い。

【セントジョーンズワートの摂取のポイント】

・セントジョーンズワートは、1日にエキス300~900mgを服用する。

・次の薬と併用すると、薬作用を弱めてしまう可能性がある。

 経口避妊薬、強心薬、気管支拡張薬、血液凝固防止薬、抗うつ薬、片頭痛薬、抗テンカン薬、抗不整脈薬、抗HIV薬、免疫抑制薬、また皮膚に弱い人は注意。

今、サプリメントってどこの会社が売れているの?
話題のビタミン・ミネラル類・健康・美容・ダイエットなど・・・
この時期に摂取しておきたい
【最新情報】サプリメントの人気ランキングはこちら





鬱(うつ)に効くサプリメント・健康食品

セントジョーンズワートハーブ関連サプリメント・健康食品エントリー

セントジョーンズワートハーブ ジャスミン茶