ナイアシンとは...ナイアシンの効果・効能についての情報!!

サプリメント 健康食品の効果・効能辞典Top >  口内炎 >  ナイアシン

ナイアシン

【ナイアシンとは】

・炭水化物や脂肪を分解してエネルギーを取り出すのに不可欠の成分。

・ナイアシンは、炭水化物や脂肪を分解してエネルギーを取り出すのに不可欠の成分で、ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称で、ビタミンB3 ともいう。

・水溶性ビタミンのビタミンB複合体の一つで熱に強く、糖質・脂質・タンパク質の代謝に不可欠である。

・循環系、消化系、神経系の働きを促進するなどの働きがある。

・欠乏すると皮膚炎、口内炎、神経炎や下痢などの症状を生じる。エネルギー代謝中の酸化還元機構。

【ナイアシンの効果・効用】

・ナイアシンの効果は、ナイアシン不足になると体力が落ち、口内炎や皮膚の炎症、下痢などを起こしやすいので、その防止をする。

・お酒を大量に飲むと消費され欠乏することも。

【ナイアシンが多く含まれる食材】

・ナイアシンは、カツオやマグロなどの魚介類や肉類、酵母、キノコなどに含まれている。

【ナイアシンの摂取のポイント】

・1日当りの摂取目安量にナイアシンが5~15mg含まれている食品は保険機能食品。

・ナイアシン 成人(18歳以上)1人当りの食事摂取基準の1日推奨量は、男性が18~49歳が15mgNE、50~69歳が14mgNE、女性は18~49歳が12mgNE、50~69歳が11mgNE.。


今の時期は、どのサプリメントを摂取すればいいの?
話題のビタミン・ミネラル類・健康・美容・ダイエットなど・・・
この時期に摂取しておきたい
【最新】サプリメントの人気ランキングはこちら





口内炎に効くサプリメント・健康食品

ナイアシン関連サプリメント・健康食品エントリー

口臭対策

【口臭対策メカニズム】100億個もの細菌が人間の口の中には棲んでいます。新陳代謝で剥がれ落ちた食べ物のカスや粘膜をこの細菌が分解し、化学物質のメチルメルカプタンを作り出しており、これが口臭となるんです。唾液が十分に分泌されていれば、細菌や...


シャンピニオンエキス

口内炎:【シャンピニオンとは】シャンピニオンは、ハラタケ科のキノコで、英語名はマッシュルームです。現在では栽培は各国でされており、世界中の食卓を賑わせています。シャンピニオンはキノコの中では、ミネラル類やタンパク質の含有量が最も多い...


ビタミンB2食品

口内炎:【ビタミンB2食品とは】・ビタミンB群本来の大きな特徴ともいえる、補酵素としての働きが特に明確なのが、ビタミンB2。成長に欠かせないエネルギーの代謝や、多くの栄養素...ビタミンB2食品の必要量も増加してくる...


カレンデュラ

口内炎:【カレンデュラとは】カレンデュラは、学名Calendula officinalisで、黄色~オレンジ色の花を咲かせる、地中海原産のキク科の一年草。カレンデュラは、花から抽出した精油を薬用に使う...


ビタミンB6

口内炎:【ビタミンB6とは】ビタミンB6は、タンパク質や炭水化物を分解してエネルギーを取り出したり、神経伝達物質のギャバや赤血球の色素成分(ヘム)、核酸などを合成するのに欠かせないビタミンです...


ビタミンA

口内炎:【ビタミンAとは】ビタミンAは、視力を維持し、皮膚や粘膜を丈夫にするビタミン。天然にはレチノール(ビタミンA1ともいう)、3-デヒドロレチノール(ビタミンA2ともいう)などがある...ビタミンAの効果は、ビタミンAが不足すると夜間視力の低下、乾燥肌、口内炎...


ニコチン酸

口内炎:【ニコチン酸とは】ニコチン酸は、ナイアシンのこと。炭水化物や脂肪を分解してエネルギーを取り出すのに不可欠の成分...ニコチン酸の効果...


ナイアシン

口内炎:【ナイアシンとは】炭水化物や脂肪を分解してエネルギーを取り出すのに不可欠の成分。ナイアシンは、炭水化物や脂肪を分解してエネルギーを取り出すのに不可欠の成分で、ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称で、ビタミンB3 ともいう...